スノーデン株式会社

プラセンタとは

*

プラセンタとは

最近、「プラセンタ」という言葉をよく耳にすることはありませんか?プラセンタ配合の医薬品、プラセンタ配合の健康食品、プラセンタ配合の化粧品…
現在、プラセンタはいろいろな領域で大活躍しています。ではプラセンタって何だろう?

なぜ、動物は
プラセンタを食べるのか?

プラセンタとは胎盤のことです。人間を除く全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を 食べてしまいます。胎盤には自然治癒力を回復させる効果があり、出産により低下した体力を速やかに回復させると言われています。
このような自然界の事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ、古くから医薬品として応用されてきました。

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

プラセンタの歴史

*

プラセンタを医薬品として応用した歴史は古く、ヒポクラテス(紀元前400年頃)の時代までさかのぼり、古代エジプトの女王クレオパトラも若さを保つために愛用したと伝えられています。中国では秦の始皇帝以来、不老長寿の妙薬として用いたといわれ、その後、紫河車という漢方薬名で幅広く活用されました。
近代的研究はロシアがルーツで、プラセンタの組織再生、代謝促進作用などに着目し、その後ヨーロッパや日本でも科学的研究が進みプラセンタの素晴しい働きが次々と解明されてきました。医薬品分野をはじめ健康食品、さらに化粧品にまで及ぶ広い範囲でプラセンタの偉大なる働きが注目されています。
医薬品・健康食品・化粧品には豚のプラセンタが使われていますが、最近は馬のプラセンタを使用した健康食品・化粧品も開発され始めました。

プラセンタの成分

プラセンタには10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質、各種ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富に含まれていることが既に確認されています。現在も多くの研究者がプラセンタの持つ作用に対してさまざまな観点から研究に取り組んでいます。

他に類を見ない豊富な栄養素

*

プラセンタの
有用性

プラセンタは多くの研究者によって、有用性が次々に明かされ、医薬品、健康食品、化粧品に幅広く応用されています。
プラセンタに確認された有用性はそれぞれが調和をとりながら、細胞や組織の代謝機能を促します。体が本来もっている自然治癒力を高めてくれるプラセンタ。熱く注目されているのがうなずけます。

プラセンタと
プラセンタエキスの違い

プラセンタを製品に使用するためにはプラセンタエキスにする必要があります。プラセンタエキス を製造するには様々な方法がありますが、スノーデンでは創立以来40年以上にわたり、研究に研究を重ね、最も優れたエキス製造法として独自の酵素分解法の開発に成功して採用しております。

スノーデンのプラセンタエキス

スノーデンのプラセンタエキスは、厳しい品質管理の下に作られています。
スノーデンはプラセンタエキスを医薬品に使用することを厚生労働省から承認された数少ないメーカーの一つです。
そして医薬品GMPに準拠した設備と管理の下、医薬品原料用プラセンタエキス、健康食品用プラセンタエキス、化粧品用プラセンタエキスを製造しています。
これがスノーデンプラセンタエキスの大きな特徴と言えるでしょう。

スノーデンプラセンタエキス
に関するデータ

詳しくは、スノーデン(株)営業本部までお問い合わせください。
電話:03-3866-2828(代表)