スノーデン株式会社

プラセンタとは

*

プラセンタとは

最近、「プラセンタ」という言葉をよく耳にすることはありませんか?プラセンタ配合の医薬品、プラセンタ配合の健康食品、プラセンタ配合の化粧品…
現在、プラセンタはいろいろな領域で大活躍しています。ではプラセンタって何だろう?

なぜ、動物は
プラセンタを食べるのか?

プラセンタとは胎盤のことです。人間を除く全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を食べてしまいます。胎盤には自然治癒力を回復させる優れた効果があると報告されており、出産により低下した体力を速やかに回復させ、ホルモン分泌促進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせるという本能です。
このような自然界の事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ古くから医薬品として応用されてきました。

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

プラセンタの歴史

*

プラセンタを医薬品として応用した歴史は、遠くヒポクラテス(紀元前400年頃)の時代までさかのぼり、古代エジプトの女王クレオパ トラも若さを保つために愛用したと伝えられています。中国では秦の始皇帝以来、不老長寿の妙薬として用いたといわれ、その後、紫河車という漢方薬名で幅広く活用されました。
近代的研究はロシアがルーツで、プラセンタの組織再生、代謝促進作用などに着目し、その後ヨーロッパや日本でも科学的研究が進みプラセンタの素晴しい働きが次々と解明されてきました。医薬品分野を始め健康食品、さらに化粧品にまで及ぶ広い範囲でプラセンタの偉大なる働きが注目されています。
医薬品・健康食品・化粧品には豚のプラセンタが使われていますが、最近は馬のプラセンタを使用した健康食品・化粧品も開発され始めました。

プラセンタの成分

プラセンタには10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質、各種ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富に含まれていることが既に確認されています。現在も多くの研究者がプラセンタのもつ作用に対してさまざまな観点から研究に取り組んでいます。
ただ、プラセンタエキスを製造する時に加水分解の程度によって効果が生じることから、ある程度のポリペプタイドが効くのではないかとされています。

プラセンタには「健康」のみならず「美容」にもたいへん有効なことが認められています。
肌を美しくしたり、傷んだ肌を修復したり、体を若々しく保ったりする栄養素や、細胞の分裂・増殖を促進させる成長因子(グロスファクター)があると言われています。成長因子は、神経を成長させたり、肝細胞の再生を促したり、皮膚の増殖に係わる因子をはじめ10数種類以上も含まれ、自然治癒力だけではなく、アンチエイジング(抗老化)にも有効に作用すると報告されています。

他に類を見ない豊富な栄養素

*

プラセンタの
薬理作用

プラセンタは多くの研究者によって、有用な薬理作用が次々に明らかにされ、臨床効果については信じ難いほど広範囲の疾患に有効性が示されています。
これらの薬理作用はそれぞれが調和をとりながら、細胞や組織の代謝機能を促します。まさに体が本来もっている自然治癒力を高めてくれる、プラセンタが熱く注目されているのがうなずけます。

*

プラセンタと
プラセンタエキスの違い

ここまでプラセンタ(胎盤)について説明させていただきました。ところでプラセンタはそのままでは医薬品にも、健康食品にも化粧品にもすることができません。
そこでプラセンタを製品に使用するためにはプラセンタエキスにする必要があります。プラセンタエキスを製造するには様々な方法がありますが、スノーデンでは創立以来30年以上にわたり、研究に研究を重ね、最も優れたエキス製造法として独自の酵素分解法の開発に成功して採用しております。
また、エキスと一言でいっても薄いエキスから濃いエキスまで様々です。
巷ではエキスの含有量がどれだけ多いかを競うようなうたい文句をよく目にしますが、エキスの量が重要なのではなく、濃いエキスをいかにして作り、少ない量でいかに良いものを作るかが重要なのです。

スノーデンのプラセンタエキス

スノーデンのプラセンタエキスは自社工場で、厳しい品質管理の下に作られています。
そして、スノーデンはプラセンタエキスを医薬品に使用することを厚生労働省から承認を得ている数少ないメーカーの一つです。
医薬品に動物の胎盤を由来原料としたエキスを使用するためには、様々な安全性のデータを提出しなければなりませんでした。これらの高いハードルをクリアしたからこそ、医薬品製造にプラセンタエキスを用いることができるのです。
そしてプラセンタエキスを医薬品原料に用いるための製造方法を基に、健康食品用プラセンタエキスも化粧品用プラセンタエキスも製造しています。
これがスノーデンプラセンタエキスの大きな特徴と言えるでしょう。

スノーデンプラセンタの安全性

日本国内産もしくはスペイン産のブタ胎盤、またはニュージーランド産のウマ胎盤を使用しています。
十分な健康管理・衛生管理体制を持っている農場からだけ収集し、特に防疫体制では「家畜伝染病予防法」と「と蓄場法」の検査対象疾病など複数の獣医師による管理を厳格に実施しています。
また、抽出過程の段階で熱による不活化工程を行っていますので感染症の心配はなく、品質・安全性は確保されています。

プラセンタエキスの安全性

スノーデンプラセンタエキス
に関するデータ

詳しくは、スノーデン(株)営業本部までお問い合わせください。
電話:03-3866-2828(代表)