論文発表・学会発表|スノーデン株式会社

スノーデン株式会社

論文発表・学会発表

*

論文発表・学会発表

スノーデン素材の研究発表

論文発表・学会発表

プラセンタエキス

論文発表

  1. 小松靖彦、大郷由貴、手計雅彦 (2017) ブタプラセンタエキスとウマサイタイエキス―臨床評価と併用の意義. Fragrance Journal 45(3), 42-47.

  2. Kitanohara M, Yamamoto T, Masunaga S, Ohishi M, Komatsu Y, Nagase M. (2017)  Effect of porcine placental extract on the mild menopausal symptoms of climacteric women. Climacteric, 20, 144-150 .[PubMed]

  3. 小松靖彦、石川裕樹 (2016)プラセンタエキスの経口摂取での機能性. FOOD Style 21 20(11), 63-66.

  4. 小松靖彦、石川裕樹、手計雅彦 (2016)プラセンタエキスの効果を動画で見る―マクロファージ機能低下防止と線維芽細胞増殖促進. Fragrance Journal 44(6), 47-53.

  5. 安井裕之、原口知子、望月彩音、石川裕樹、小松靖彦 (2016)新規プラセンタエキスの抗老化素材としての評価. Fragrance Journal 44(4), 36-45.

  6. Takano F, Tebakari M, Hashimoto H, Mori Y, Nakamura M, Wagatsuma S, Yoshida S, Kawashima J, Yasuda T, Fushiya S. (2015) Placenta extracts selectively promote the proliferation of specific progenitor cells derived from murine marrow in vitro. Pharmacometrics (応用薬理), 89, 83-90.

  7. 安井裕之、高橋洋 (2015) 紫外線による皮膚ダメージを回復させるプラセンタエキスの新知見:ヒト皮膚3次元培養細胞を用いた抗酸化効果と美白効果、Fragrance Journal 43(6), 38-47.

  8. Tebakari M, Katoh S, Hashimoto H, Kawashima J, Takano F. (2015) Porcine placenta extract modulates the expression of skin functional proteins in cultured human fibroblasts and keratinocytes, Pharmacometrics (応用薬理), 88, 1-6.

  9. 高橋洋 (2015) プラセンタエキスの美肌効果、FOOD Style 21 19(4), 65-67.

  10. Yamasaki M, Hasegawa S, Takahashi H, Kobayashi Y, Sakai C, Ashizawa Y, Asai Y, Kanzaki M, Fukui T. (2015) Placental extracts induce the expression of antioxidant enzyme genes and suppress melanogenesis in B16 melanoma cells, Nat Prod Res. 29, 2103-2106. [PubMed]

  11. 山崎正博、高橋洋(2014) プラセンタエキスの持つ抗酸化酵素遺伝子の発現誘導能、Fragrance Journal 42 (12), 20-25.

  12. 里史明、高橋洋、小松靖彦、明壁史弥、亀井淳三(2014) プラセンタエキスの皮膚線維芽細胞に与える効果、薬理と治療 42, 735-738.

  13. Kawakatsu M, Urata Y, Goto S, Ono Y, Li TS. (2013) Placental extract protects bone marrow-derived stem/progenitor cells against radiation injury through anti-inflammatory activity, J Radiat Res. 54, 268-276. [PubMed]

  14. 亀井淳三、高橋洋、明壁史弥、永井克也(2013) プラセンタエキスの肝臓交感神経、副腎交感神経、膵臓交感神経ならびに胃迷走(副交感)神経活動に与える効果、薬理と治療 41, 855-861.

  15. 亀井淳三、明壁史弥、手計雅彦、高橋洋(2013) ブタプラセンタエキスによる抗アレルギー作用、アレルギーの臨床 33, 76.

  16. 亀井淳三、明壁史弥、手計雅彦、高橋洋(2012) ブタプラセンタエキスによる抗アレルギー作用、アレルギーの臨床 32, 75.

  17. 高橋洋、大沢匡弘、亀井淳三(2010) 糖尿病モデルマウスにおけるブタプラセンタ抽出液の鎮痛作用、Diabetes Frontier 21, 229-234.

  18. 手計雅彦、松井真紀子、明壁史弥、熊谷道彦(2009) ブタプラセンタエキスのアンジオテンシンI変換酵素(ACE)阻害活性、日本補完代替医療学会誌 6, 35-38. [J-STAGE]

  19. 手計雅彦、明壁史弥、田頭栄太郎、熊谷道彦(2008) ブタプラセンタエキスの前立腺癌細胞増殖抑制と前立腺肥大抑制効果、日本補完代替医療学会誌 5, 219-224. [J-STAGE]

  20. 内藤勝男(2007) 高機能性化粧品を求めて―古代技術と近代技術のコラボレーション―、ファインケミカル 36, 18-26.

  21. Watanabe S, Togashi S, Takahashi N, Fukui T. (2002) L-tryptophan as an antioxidant in human placenta extract, J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo) 48, 36-39. [PubMed]

  22. Togashi S, Takahashi N, Iwama M, Watanabe S, Tamagawa K, Fukui T. (2002) Antioxidative collagen-derived peptides in human-placenta extract, Placenta 23, 497-502. [PubMed]

  23. Togashi S, Takahashi N, Kubo Y, Shigihara A, Higashiyama K, Watanabe S, Fukui T. (2000) Purification and identification of antioxidant substances in human-placenta extracts, J Health Sci. 46, 117-125. [J-STAGE]

  24. Togashi S, Takahashi N, Watanabe S, Ishiguro A, Fukui T. (2000) Suppressive effects of uracil, tyrosine, and phenylalanine contained in human-placenta extract on acute ethanol-induced liver injury in mice, J Health Sci. 46, 126-131. [J-STAGE]

学会・講演会

  1. 手計雅彦、大郷由貴、中村美香、川島順市、高野文英(2017)5-fluorouracil (5-FU)誘導による骨髄抑制マウスに対する馬プラセンタエキスの予防効果、日本薬学会第137年会(仙台)..

  2. 小松靖彦(2016)プラセンタエキスの効果を動画で見る──マクロファージ機能低下防止と線維芽細胞増殖促進、日本胎盤臨床医学会研究要覧 19, 107.

  3. 手計雅彦、大郷由貴、中村美香、石川裕樹、川島順市、高野文英 (2016)ブタプラセンタエキスによるLPS活性化マクロファージ細胞(RAW264.7)の炎症反応抑制作用、第19会日本補完代替医療学会学術集会(金沢)。

  4. 大石真己(2015)胎盤の機能と産生物質――セロトニン、日本胎盤臨床医学会研究要覧 17, 59.

  5. 手計雅彦、大郷由貴、中村実香、川島順市、高野文英(2015) ブタプラセンタエキスの腸管免疫応答に及ぼす影響、日本薬学会第135年会(神戸).

  6. 高橋洋(2015) プラセンタエキスの自律神経系に対する影響、日本胎盤臨床医学会研究要覧 15, 50..

  7. 手計雅彦、加藤卓、橋本遥、川島順市、高野文英(2014) ブタプラセンタエキスのヒト皮膚細胞に及ぼす影響について、日本薬学会第134年会(熊本).

  8. 橋本遥、森美乃、加藤卓、手計雅彦、川島順市、高野文英(2014) プラセンタエキスのマウス骨髄の血球分化増殖に及ぼす影響、日本薬学会第134年会(熊本).

  9. 高橋洋、亀井淳三(2014) プラセンタの医療への貢献と歴史、生き物文化誌学会第12回学術大会(東京).

  10. 大石真己(2014) 免疫とプラセンタ、日本胎盤臨床医学会研究要覧、14, 82.

  11. 大石真己(2013) プラセンタサプリメントの公的新基準について、日本胎盤臨床医学会研究要覧 13, 48.

  12. 大石真己(2011) 母体を制御する胎盤性分microRNA、日本胎盤臨床研究会研究要覧 9, 40.

  13. 大石真己(2011) 負荷の有無によるプラセンタエキスの美白作用の変化、日本胎盤臨床研究会研究要覧 7, 35.

  14. 大石真己(2010) 酸化・炎症とプラセンタエキス、日本胎盤臨床研究会研究要覧 5, 45.

  15. 大石真己(2009) 胎盤機能とプラセンタエキス機能、日本胎盤臨床研究会研究要覧 4, 48.

  16. 大石真己(2009) 胎盤機能から考えるプラセンタエキス機能、日本胎盤臨床研究会研究要覧 3, 5.

  17. 手計雅彦、明壁史弥、熊谷道彦(2009) ブタプラセンタエキスの育毛作用、第12回 日本補完代替医療学会.

  18. 高橋洋(2008) プラセンタエキスのストレスに対する影響、日本胎盤臨床研究会研究要覧 2, 22.

  19. 高橋洋(2008) プラセンタエキスの薬学的評価 鎮痛効果と尿酸生成抑制効果、日本胎盤臨床研究会研究要覧 1, 11.

  20. 福井哲也(2003) ヒト胎盤エキス中の抗酸化物質の研究、日本胎盤医療研究会・会報 第13号, 75.

  21. 山本正博、小林由佳、芦澤陽子、福井哲也(2008) 黒色腫細胞のメラニン産生に対するプラセンタエキスに対するプラセンタエキスの作用機序の検討、第81回 日本生化学会大会(神戸).

  22. 亀井淳三、宮田重雄(2003) ヒト及びブタ由来プラセンタエキスによる抗ストレス効果の効力比較、日本胎盤医療研究会・会報 第13号, 38.

  23. 高橋洋(2003) プラセンタエキスの機能性について、健康ジャーナル主催・公開セミナー.

  24. 高橋洋(2003) 抗老化とラジカルスキャベンジャー、第二回 女性のための抗加齢医学研究会.

  25. 桜井弘(2002) 活性酸素と微量元素、日本胎盤医療研究会・会報 第11号, 39.

  26. 高山雅臣(2002) 胎盤タンパク質関連の最近の話題、日本胎盤医療研究会・会報 第11号, 45.

  27. 高橋洋(2001) ヒトプラセンタエキスの生理活性の検索:抗酸化作用について、日本胎盤医療研究会・会報 第9号, 16.

  28. 渡辺聡、本田英幸、福井哲也、鄒鏗、大石真己(1996) ヒト胎盤エキスの抗酸化作用、日本薬学会第116年会(金沢).

  29. 富樫眞一、渡辺聡、福井哲也、大石真己(1998) エタノールによる肝細胞障害と酸化的ストレス誘発に対するヒト由来胎盤エキスの抑制作用とその抗酸化活性成分の検討、日本薬学会第118年会(京都).

紅蔘

  1. Takagi A, Tsuda A, Aiba Y, Deguchi R, Suzuki T, Nakaminami H, Noguchi N, Koga Y. (2014) Effect of Korean red ginseng extract on PPI-triple therapy for Helicobacter pylori eradication, Helicobacter 19 (Suppl. 1), 142.

  2. 相場勇志(2013) Helicobacter pyloriに対する高麗紅人蔘エキスの抗生物質感受性増強効果、プロバイオティクスシンポジウム '13(三井プラザホール、東京)

乳酸菌

  1. 小松靖彦(2017)乳酸菌LJ88 (Lactobacillus johnsonii No.1088):胃と腸のための乳酸菌. New Food Industry 59 (7), 1-8.

  2. Aiba Y, Ishikawa H, Tokunaga M, Komatsu Y. (2017) Anti-Helicobacter pylori activity of non-living, heat-killed form of lactobacilli including Lactobacillus johnsonii No.1088. FEMS Microbiol Lett published online. [PubMed]

  3. 小松靖彦(2017)乳酸菌LJ88殺菌体による胃食道逆流症関連症状の緩和:予備的臨床試験. 食品と開発 52 (4), 65-67.

  4. Komatsu Y, Sasaki T, Ohishi M. (2016) Effect of Heat-Killed Lactobacillus johnsonii No. 1088 on Gastroesophageal Reflux Disease-Related Symptoms: A Pilot Clinical Study. Am J Food Sci Health 2, 176-185. [AIS]

  5. 小松靖彦(2016)胃のためのプロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックス. 食品と開発 51 (9), 71-73.

  6. Komatsu Y, Aiba Y, Nakano Y, Koga Y. (2016) Probiotics, Prebiotics, and Biogenics for the Stomach. In: Prebiotics and Probiotics in Human Nutrition and Health, Rao V and Rao LG eds., InTech, Rijeka, Croatia, p.363-381. (ISBN: 978-953-51-4715-2) [InTech]

  7. 小松靖彦(2015) 新規乳酸菌Lactobacillus jonsonii No.1088: 耐酸性、抗菌活性、抗ガストリン活性、 プロバイオティクスシンポジウム '15(三井プラザホール、東京).

  8. Aiba Y, Nakano Y, Koga Y, Takahashi K, Komatsu Y. (2015) A highly acid resistant novel strain of Lactobacillus johnsonii No.1088 has anti-bacterial activity, including that against Helcobacter pylori, and inhibits gastrin-mediated acid production in mice. MicrobiologyOpen 4, 465-474. [PubMed]

  9. Takahashi H, Nakano Y, Matsuoka T, Kumaki N, Asami Y, Koga Y. (2011) Role of indigenous lactobacilli in gastrin-mediated acid production in the mouse stomach, Appl Environ Microbiol. 77, 6964-6971. [PubMed]

  10. 中野泰博(2011) Toll-like receptor 2シグナルは胃ガストリン産生細胞の分化を制御する、プロバイオティクスシンポジウム '11(三井プラザホール、東京).

  11. Nakano Y, Koga Y. (2011) Induction of Hypercholesterolemia and liver steatosis by Clostridium Innocuum. International Scientific Conference on Probiotics and Prebiotics. (Kosice, Slovakia).

  12. 相場勇志(2010) Lactobacillus johnsonii No. 1088のコレステロール抑制効果、プロバイオティクスシンポジウム '10(三井プラザホール、東京).

その他

  1. 大郷由貴、手計雅彦、川島順市(2017)ウマサイタイエキスの美白作用、日本薬学会第137年会(仙台).

  2. 手計雅彦、長谷川陽子、黒須一夫、熊谷道彦(2013) 簡易角層水分量測定方法の開発とウマ臍帯エキスの化粧品原料としての評価、医学と薬学 69, 699-706.

  3. 手計雅彦、明壁史弥、熊谷道彦、乾達(2008) α-グルコシダーゼ阻害作用を有するコタラヒムブツにおける活性成分の所在、第11回日本補完代替医療学学術集会(横浜市開港記念会館、横浜).