スノーデン株式会社

サイタイとは

*

サイタイとは

サイタイ(臍帯)とはへその緒のことです。
臍帯は胎児と胎盤をつなぐ器官であり、胎盤側からは栄養素・酸素の、胎児側からは老廃物の運搬を担う重要な器官です。

サイタイは何にいいの?

臍帯や胎盤を様々な疾患の治療に応用した治療法の一つが「埋没療法」です。
日本では臍帯療法として九嶋勝司教授(元・秋田大学長、秋田大名誉教授、東北大名誉教授)、乾蕃医師(臍帯・胎盤を使った日本における組織療法の第一人者)によって研究開発・応用がされており、幅広い治療実績があります。

スノーデンの「サラサイタイ」とは?

スノーデンがニュージーランド産のウマ(サラブレッド)由来の臍帯を独自の方法で酵素分解し、エキスとして抽出したものがサラブレッド由来臍帯エキス化粧品原料「サラサイタイ」です。

「サラサイタイ」は皮膚の上皮細胞の活性化により、ターンオーバーを正常化させ、バリア層を構築させるEGF様効果が期待できます。

「サラサイタイ」の安全性

「サラサイタイ」にはニュージーランド産のウマ臍帯を使用しております。
健康管理・衛生管理体制のじゅうぶんな農場から収集し、特に検疫体制では「家畜伝染病予防法」と「と畜場法」の検査対象疾病など複数の獣医師による厳格な管理を実施しています。
抽出過程の段階で熱による不活化工程を行っていますので感染症の心配がなく、品質・安全性を確保しております。

サラサイタイの安全性

ウマ臍帯エキスに関するデータ

詳しくは、スノーデン(株)営業本部までお問い合わせください。
電話:03-3866-2828(代表)