スノーデン株式会社

体に良い乳酸菌とは

*

体に良い乳酸菌とは

乳酸菌というのは「糖を発酵して大量の乳酸を作る性質を持つ細菌の総称」です。
乳酸菌は、ヨーグルトなどの発酵乳やキムチ、沢庵漬けなどの漬物に含まれており、私たちにとって古来より大変身近な存在です。

体に良い乳酸菌を摂取する

 健康のためには、腸内細菌のバランスが大切です。腸内のお花畑「腸内フローラ」が、色とりどりに綺麗に咲きそろっていることが大切なのです。腸内細菌の中の、いわゆる善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは、2:1:7が最適と言われています。そのバランスを保つためにも、体に良い乳酸菌を定期的に摂取することは有効な手段です。また、最近は、腸内フローラを整える以外にも体にとって様々な良い働きをもたらす「機能性乳酸菌」の研究も盛んに行われるようになってきました。

(1)プロバイオティクス

「適切な量を摂取した際に健康に良い効果をもたらす生きた微生物」のことをプロバイオティクスと言います。生きた菌というのが決め手!ヨーグルトがその代表です。

(2)プレバイオティクス

「腸内に元々いる善玉菌のエサとなる難消化性の食物成分」のことをプレバイオティクスと言います。オリゴ糖や難消化性デキストリンがその代表です。腸の善玉菌の餌となる乳酸菌の殺菌体もこのカテゴリーに属します。

(3)バイオジェニックス

「免疫系の刺激など直接的に体に良い影響をもたらす食物成分」のことをバイオジェニックスと言います。日本の光岡知足博士により最初に提唱された概念です。フラボノイドや免疫系の活性を高める働きのある乳酸菌の殺菌体はこのカテゴリーに属します。

スノーデンの乳酸菌

乳酸菌LJ88®
健康な人の胃液から分離されたスノーデンオリジナルの特許乳酸菌です。 生きた状態ではプロバイオティクスとして、また殺菌体ではプレバイオティクス及びバイオジェニックスとしての作用が期待されます。

スリーラック
スノーデンが独自に3種の生きた菌を配合したプロバイオティクスサプリメントです。腸内フローラを整えることにより健康にすることが期待されます。